Moto2エンジンサプライヤー、2019年からトライアンフに ついに発表!!

モーターサイクル 企業動向
トライアンフが2019年よりMOTO2 チャンピオンシップにエンジンを供給。
  • トライアンフが2019年よりMOTO2 チャンピオンシップにエンジンを供給。
かねてから噂されていたトライアンフのMoto2クラスへのエンジン供給。トライアンフモーターサイクルズは6月3日、公式ホームページ上で2019年シーズン以降の独占的エンジンサプライヤーとなることを正式発表した。契約は3年だ。

レース仕様の765cc Moto2エンジンは、2017年式『ストリートトリプルRS』に搭載される3気筒エンジンをベースに開発され、さらなるパワーとトルクを発生し、より高回転型につくられる。

吸排気の効率を向上したモディファイドシリンダーヘッドをはじめ、チタン製バルブや強化バルブスプリング、慣性力を軽減する低出力レースキットオルタネータ、スリッパークラッチ、Magneti Marelli との共同開発によるレース用ECUなどを採用。

新エンジンは2014年、2015年に、マン島TT、デイトナ200、ブリティッシュ・スーパースポーツ・チャンピオンシップにおいて、数々の勝利をもたらした『Daytona 675R』エンジンの大幅な発展型となる。

Moto2クラスはこれまで、ホンダ『CBR600RR』の600cc4気筒エンジンを採用してきたが、2018年末にエンジン供給契約が切れることで、次期エンジンサプライヤーがいったいどのメーカーになるのかバイクファンらの間で注目されていた。

日本を含め世界的にセールスが好調なトライアンフ。世界最高峰のロードレースでも存在感を強めることになりそうだ。

《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

  • 高いプレミアム性は日本のサプライヤーのおかげ…トライアンフCEO談 画像 高いプレミアム性は日本のサプライヤーのおかげ…トライアンフCEO談
  • 鈴鹿8耐に参戦するMoto2ライダー中上貴晶、MuSASHi RT HARC-PRO.高橋巧と再び頂点を目指す 画像 鈴鹿8耐に参戦するMoto2ライダー中上貴晶、MuSASHi RT HARC-PRO.高橋巧と再び頂点を目指す
  • 【MotoGP 第15戦日本】大型ビジョンを備えたV字コーナー席を新設、食事スペースも用意 画像 【MotoGP 第15戦日本】大型ビジョンを備えたV字コーナー席を新設、食事スペースも用意
  • 【SMW RS125R 試乗】待望の“原付2種”フルサイズオフローダー…青木タカオ 画像 【SMW RS125R 試乗】待望の“原付2種”フルサイズオフローダー…青木タカオ

特集