伊豆急行「ロイヤル」観光列車、1泊2日コースは10万円台 7月21日運行開始

鉄道 企業動向

2016年11月の記者会見で発表された『THE ROYAL EXPRESS』の外観イメージ。今年7月21日から運行が始まる。
  • 2016年11月の記者会見で発表された『THE ROYAL EXPRESS』の外観イメージ。今年7月21日から運行が始まる。
東京急行電鉄(東急電鉄)と同社グループの伊豆急行は5月26日、横浜(横浜市西区)~伊豆急下田(静岡県下田市)間を結ぶ観光列車『THE ROYAL EXPRESS』の運行開始日を7月21日に決めたと発表した。

『THE ROYAL EXPRESS』は、伊豆急行の2100系電車5次車「アルファ・リゾート21」を改造した専用車両で運行。定員は約100人で、国内の観光列車では最大規模になる。車内にはテーブル付きの客室や、ミニコンサートなどでの活用を想定したマルチスペース、寿司カウンターなどが設けられる。

発表によると、7月中は21・22・26~28日に運行。運行時刻は横浜11時50分頃~伊豆急下田15時00分頃(21日)、伊豆急下田10時50分頃~伊東13時50分頃(22日)、伊東12時50分頃~伊豆急下田15時30分頃(26日)、伊豆急下田10時30分頃~横浜13時30分頃(27日)、横浜14時00分頃~伊豆急下田17時00分頃(27日)、伊豆急下田10時50分頃~伊東13時50分頃(28日)になる。横浜~伊東間はJR線を走行。伊東~伊豆急下田間は伊豆急行が運営する路線を走る。

乗車の申込みは5月27日10時から、『THE ROYAL EXPRESS』の専用ウェブサイトなどで受け付ける。1泊2日・往復の「クルーズプラン」と、片道のみの「食事付き乗車プラン」があり、大人1人あたりの旅行代金は「クルーズプラン」が13万5000~15万円。「食事付きプラン」は2万5000~4万円になる。

7月21~22日に実施される「クルーズプランA」の場合、往路の車内ではコース料理を提供。伊豆急下田駅に到着後は、伊豆最古の白濱神社で正式参拝を行い、宿泊先の旅客・ホテルに移動する。復路の昼食は地魚の寿司や静岡の食材を使用した料理が提供され、伊東駅で下車。ここでJRの特急『スーパービュー踊り子』に乗り換えて横浜駅に戻る。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集