三菱自、アウトランダーPHEV 635台をウクライナ警察向けに納車

自動車 ビジネス 海外マーケット

ウクライナ警察に納入したアウトランダーPHEV
  • ウクライナ警察に納入したアウトランダーPHEV
  • 納車式で挨拶する益子修社長CEO
三菱自動車は5月25日、ウクライナ警察への供給が決定していた『アウトランダーPHEV』635台を納入したと発表した。

今回の供給は、複数の日本企業とウクライナ政府が締結した排出権購入契約に基づくもの。同国は京都議定書の下でのグリーン投資スキームを活用したCO2・温室効果ガスの排出量削減方針の一環として、警察車両でアウトランダーPHEVを使用する。グリーン投資スキームの下で車両供給を行うのは、2011年10月のエストニア政府向け『i-MiEV』507台に次ぎ2度目となる。

キエフで開かれた納車式には、首相をはじめ多数の政府関係者らが出席。益子修社長CEOは挨拶の席で、「アウトランダーPHEVは環境に優しいだけでなく、車両運動統合制御システムS-AWCなどの最新技術を搭載しており、警察車両にふさわしい高い機能を併せ持っています」と同車の性能をアピールした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集