【リコール】BMW 440i など、エアバッグが展開しないおそれ

自動車 テクノロジー 安全

改善箇所
  • 改善箇所
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は5月25日、BMW『440i』などのエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『M440i』『X1 xDrive 18i』『X1 xDrive 18d』の3車種で、2016年9月19日~10月11日に製造された20台。

エアバッグのインフレータ(膨張装置)の製造管理が不適切なため、点火剤が設計通り調合されていないものがある。そのため、衝突時にエアバックが展開しないおそれがある。

改善措置として、左右もしくはどちらか片側のフロントシートサイドエアバッグユニット、左右どちらか片側のヘッドエアバッグユニットを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの情報により発見した。

なお本件は2月6日付けでリコールを届出たものだが、対象範囲の選定に誤りがあったことが判明したため、対象範囲を拡大し、再度届出を行った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集