高速道路の逆走対策「効果あり」…対策実施施設で7割減少

自動車 社会 行政

逆走対策の例
  • 逆走対策の例
  • 逆走対策の例
  • 逆走対策キャンペーンの統一ロゴマークとキャッチフレーズ
2016年の高速道路の逆走が前年より10件マイナスの249件発生していたことが、国土交通省の調べで明らかになった。逆走した249件のうち、事故に至った割合は前年より5ポイントアップして23%だった。

逆走した運転者の年齢層別では、最も多かったのが75歳以上で45%を占めた。75歳以上の免許保有者全体に占める割合はたったの6%。

30~65歳未満が25%、65~75歳が22%、30歳未満が8%。

また、逆走の発生場所では、分合流部・出入口部・料金所が全体の7割を占める。

全体の約4割を占める「分合流部・出入口部」で逆走対策を実施しているが、対策を実施した施設では、対策前に比べて逆走件数が約7割減少しており、対策の効果が確認できたとしている。2016年度末時点で「分合流部・出入口部」の約7割の施設で対策を実施完了した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集