元西武の機関車、塗色を変える? 大井川鐵道がツイッターで意見募集中

鉄道 企業動向

大井川鐵道が西武鉄道から譲り受けたE31形。赤とクリームの2色で塗装されている。
  • 大井川鐵道が西武鉄道から譲り受けたE31形。赤とクリームの2色で塗装されている。
  • EF65形のうち寝台特急のけん引に対応した車両は前面の塗り分けなどが他のEF65形と異なっていた。写真はEF65形500番台(P形)の「特急色」。
  • EF65形のうち寝台特急のけん引に対応した車両は前面の塗り分けなどが他のEF65形と異なっていた。写真はEF65形1000番台(PF形)の「特急色」(右)。
  • EF81形はピンク1色だった。
  • 西武鉄道のE851形。E31形に比べ赤色の部分が多い。
大井川鐵道(静岡県)はこのほど、E31形電気機関車の営業運転に向けた整備にあわせ、車体の塗色に関するアンケートをツイッターで始めた。

E31形は西武鉄道が4両導入した電気機関車。このうち3両は2010年、大井川鐵道が譲り受けた。これまでは車両の入替作業用として使われていたが、このほど営業運転に向けた整備が始まった。2018年度中には営業列車をけん引する機関車として稼働する見込みだ。

アンケート調査はツイッターの投票機能を使用。「現状のまま(西武カラー)」「EF65国鉄特急色」「EF81国鉄色、西武E851色など」「上記のミックス(車両ごとの塗り分け)」の4択になっている。投票数は5月10日13時17分時点で5920票。残り時間は5日だ。

EF65形電気機関車の国鉄色は濃い青をベースに前面の下部のみクリーム色を入れていたが、寝台特急のけん引に対応した車両は塗り分けを変更しており、「特急色」と呼ばれていた。このほか、EF81形電気機関車の国鉄色はピンク1色、西武鉄道のE851形電気機関車は赤とクリームの2色を採用していた。

E851形の後に製造されたE31形もE851形と似た塗装だが、E851形に比べクリーム色で塗られている部分が多くなっている。他の塗装を採用したことはなく、大井川鐵道が譲り受けた3両も西武鉄道時代の塗装のままだ。

大井川鐵道はE31形の営業運転に向けた整備について、5月2日に「原則としてカラーリングはクリーム色に朱色の帯、西武時代オリジナルのままで運用予定」と発表していた。同社によると、この発表自体に変更はないが「鉄道ファンの皆さんの意見も少し聞いてみたいと思った」という。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集