西武鉄道のSL列車「運行」が恒例化…次は5月27日

鉄道 エンタメ・イベント
秩父鉄道のSL列車『パレオエクスプレス』。5月27日は西武秩父発の臨時SL列車として運行される。
  • 秩父鉄道のSL列車『パレオエクスプレス』。5月27日は西武秩父発の臨時SL列車として運行される。
  • SL列車の発車駅となる西武秩父駅はこのほどリニューアルされた。
西武鉄道と秩父鉄道の2社は5月27日、西武鉄道西武秩父線の西武秩父駅(埼玉県秩父市)を発車する臨時SL列車『パレオエクスプレス』を運行する。切符は5月9日7時から発売される。

発表によると、運行時刻は下りが西武秩父12時19分発~三峰口12時50分着、上りは三峰口14時03分発~秩父14時33分着~皆野14時53分着~長瀞15時05分着になる。下りは西武秩父駅の構内のみ西武鉄道の線路を走り、それ以外は秩父鉄道の線路を走行。上りは全ての区間で秩父鉄道の線路を走る。蒸気機関車は秩父鉄道が保有しているC58形363号機を使用する。

乗車に際しては、フリー切符や指定券などがセットになった「臨時SL列車 乗車券セット」(大人4000円・子供2500円)を購入する必要がある。5月9日から24日まで池袋駅や高田馬場駅などで発売されるが、運行当日は席に余裕がある場合に限り西武秩父駅で発売する。

西武秩父発のSL列車は2016年5月に初めて運行された。その後も数回運行されており、今年に入ってからは3月に運行されている。大手私鉄ではこのほか、東武鉄道がC11形蒸気機関車をJR北海道から借り入れており、8月10日からSL列車『大樹』として鬼怒川線を走る予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集