【アウディ Q2】全長4200mm、日本市場にマッチしたコンパクトSUV…299万円より

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ Q2
  • アウディ Q2
  • アウディ Q2 1.0 TFSI
  • アウディ Q2 1.4 TFSI
  • アウディ Q2 1.0 TFSI
  • アウディ Q2
  • アウディ Q2
  • アウディ Q2 1.0 TFSI
  • アウディ Q2 1.0 TFSI

アウディ ジャパンは4月26日、新型コンパクトSUV『Q2』の日本向け3モデルを発表し、本格受注を開始した。

アウディ Q2の全長は『Q3』と比べ20cmほど短い4200mm。それに対しホイールベースは2595mmとし、前後オーバーハングを切り詰めている。全高も1530mmに抑えるなど、立体駐車設備の利用率が高い日本の都市環境にも順応したボディサイズとなっている。またクーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保。ラゲージ容量は5人乗車時でも405リットルを確保しており、リヤシートを折りたためば最大1050リットルまで拡大できる。

エクステリアは、ポリゴン(多角形)をモチーフにした斬新なデザインを採用する。フロントビューではボンネットに立体的な造形を施し、8角形のシングルフレームグリルを高めに配置することでSUVらしさを演出。低いルーフラインが印象的なサイドビューでは、Cピラーに設置されたブレードが力強いアクセントになっている。

安全面では、sportラインの各モデルに、自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを標準設定。さらにサイドアシストやアクティブレーンアシスト、ハイビームアシストなどをセットにした「セーフティパッケージ」をオプションで用意する。

ラインアップは、最高出力116psの1.0リットルTFSIエンジンを搭載する「Q2 1.0 TFSI(299万円)」および「Q2 1.0 TFSI sport(364万円)」と、150psを発揮する1.4リットルTFSIエンジンを積んだ「Q2 1.4 TFSI cod sport(405万円)」の3モデル。納車開始は6月中旬を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集