京阪電鉄、京都市内の地下化30周年でイベント…ヘッドマーク列車も運行

鉄道 エンタメ・イベント

京阪電鉄の三条駅。地下化からまもなく30周年を迎える。
  • 京阪電鉄の三条駅。地下化からまもなく30周年を迎える。
  • 地下化30周年の記念ヘッドマークを取り付けた列車も運行される。
  • 地下線開通当時の様子。
京阪電気鉄道は5月27・28日の2日間、京阪本線東福寺~三条間(京都市東山区)の地下化30周年を記念したクイズラリーとグッズ販売会を行う。記念ヘッドマークを取り付けた列車も運行される。

発表によると、クイズラリーは中之島・七条・清水五条・祇園四条の4駅にラリーポイントを設置。地下化にまつわる3択クイズを出題する。全問正解した人には30周年記念デザインのキーホルダーがプレゼントされる。クイズの掲出時間は9時から15時まで。

グッズ販売会は10時から16時まで三条駅で行われ、地下化当時の様子を描いたA4サイズのクリアファイル(400円)などが販売される。記念ヘッドマークを取り付けた車両は5月20日から10月31日まで運用される予定。使用する車両は未定だ。

東福寺~三条間の地下化は京都市の都市計画事業の一環として行われ、着工から約8年後の1987年5月24日に完成した。これにより8カ所の踏切が解消され、京都市内の自動車交通の混雑が大幅に緩和されたという。この区間は主に路面電車の法律である軌道法が適用されていたが、2013年12月には鉄道事業法に基づく第一種鉄道事業に変更されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集