【上海モーターショー2017】インスパイアというよりは完コピ、中国中小メーカーのしたたかさ

自動車 ニューモデル モーターショー

この写真を何気なく見たら、マカンではないと気づく人はいないと思われる。
  • この写真を何気なく見たら、マカンではないと気づく人はいないと思われる。
  • 実物を目の前にしても、レプリカ車にありがちな”ざんねん感”はいっさいない。
  • こちらのリアはジャガー『F-PACE』にそっくり
  • こちらはアウディ『Q3』
  • ZOTYEオリジナル車両。縦横比がおかしいのではない。実物どおりである。
  • こちらもZOTYEオリジナル車両。マットピンク。
  • いっぽうで中国メーカーの実力向上を感じさせる一台がこちら。紅旗『U CONCEPT』。あの紅旗がこのレベルである。
  • 【上海モーターショー2017】インスパイアというよりは完コピ、中国中小メーカーのしたたかさ
今回上海モーターショーを取材して、地元中国メーカーのデザイン力が飛躍的に向上していることは認めざるを得ない。だが依然として、中国には無数の自動車メーカーがあり、中には他社の人気車種と似ている、というか完全コピーしているクルマも、いくつか見受けられる。

なかでも、そのコピー技術の高さを感じるのが「ZOTYE」というメーカーだ。写真を見てほしい。これを見て、ポルシェ『マカン』ではないことを見抜ける読者はいったいどれくらいいるだろうか。それほど完成度が高いのだ。

個人レベルやバックヤードビルダーが作る、いわゆるレプリカ車は、どこかプロポーションがおかしかったり、チリがあっていなかったり、そこはかとなく”まがいもの”オーラが漂うものだが、このZOTYE『SR9』について言えば、そういった品質の低さは感じられない。完成度が違うのだ。

そしてこの「マカンもどき」だけでなく、同社のブースには、ジャガー『F-PACE』もどき、アウディ『Q3』もどきなど、いずれも完成度の高い車両を展示しており、その技術力に感心せざるを得ないのだ。

しかし同時に、ブースには同社のオリジナル車両も並ぶのだが、これがまた何というか、コピー車両とのギャップが大きすぎて、さもありなん……、と思ってしまうのであった。
《佐藤耕一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集