【ニューヨークモーターショー2017】スバル レガシィアウトバック 2018年型、車載コネクトが進化…出品予定

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル・レガシィアウトバック2018年型
  • スバル・レガシィアウトバック2018年型
  • スバル・レガシィアウトバック2018年型
  • スバル・レガシィアウトバック2018年型
  • スバル・レガシィアウトバック2018年型
SUBARU(スバル)は4月6日、米国で4月12日に開幕するニューヨークモーターショー2017において、『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)の2018年モデルを初公開すると発表した。

2018年モデルでは、前後マスクを変更。フロントには、Cシェイプのヘッドライトや新デザインのグリル&バンパーを採用し、表情を一新する。コの字型のデイタイムLEDランニングライトも新アイテム。

足回りは、サスペンションの設定を変更し、乗り心地を向上。ブレーキのフィーリングや電動パワーステアリングのチューニングも見直された。

車載コネクティビティの「スターリンク」をアップデート。ダッシュボード中央のモニターは標準モデルで6.5インチ、上級モデルで8インチに大型化。アップルの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」にも対応する。音声認識の「Nuance」も導入されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集