旭化成、リチウムイオン二次電池用セパレータの生産能力を増強

自動車 ビジネス 企業動向
リチウムイオン二次電池用セパレータ「ハイポア」
  • リチウムイオン二次電池用セパレータ「ハイポア」

旭化成は3月30日、滋賀県守山市においてリチウムイオン二次電池(LIB)用セパレータ「ハイポア」の生産能力を増強すると発表した。

LIB市場は、今後ハイブリッド自動車や電気自動車(EV)などの車載用途を中心に、急速に成長することが見込まれている。旭化成グループは、LIB用セパレータとして湿式膜「ハイポア」と乾式膜「セルガード」を手がけており、湿式膜は滋賀県守山市、宮崎県日向市および韓国に、乾式膜は米国に生産拠点を置き、積極的に事業を拡大。2020年までに約11億平米/年の供給体制を整備する計画に従い、守山市において湿式膜「ハイポア」の設備増強を決定した。

今回、守山市において湿式膜「ハイポア」の生産能力を約2億平米/年 増強。設備投資額は約150億円で、2019年度上期に稼働を開始する予定。同社グループのLIB用セパレータの生産能力は、湿式膜が今回の増強により約6億1000万平米/年、乾式膜が既存設備の生産性向上により約2億5000万平米/年、合計約8億6000万平米/年となり、今後の需要の拡大に応えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース