大船渡線BRT、4月はダイヤ改正2回実施…新駅開業に対応

鉄道 企業動向

大船渡線BRT・三陸鉄道南リアス線の盛駅。4月に2回実施されるダイヤ改正で乗換時間が短縮される。
  • 大船渡線BRT・三陸鉄道南リアス線の盛駅。4月に2回実施されるダイヤ改正で乗換時間が短縮される。
  • 大船渡線BRTの路線図。まず4月1日に八幡大橋(東陵高校)駅が開業し、続いて27日にまちなか陸前高田駅が開業する。
JR東日本盛岡支社は4月、大船渡線BRTのダイヤ改正を2回実施する。いずれも新駅の開業に伴うもの。列車とBRTの乗換時間の短縮も図る。

1回目のダイヤ改正は4月1日に実施。一般道区間の鹿折唐桑~長部間に八幡大橋(東陵高校)駅(宮城県気仙沼市)が開業し、同駅を通る全てのBRTが停車する。気仙沼駅での乗換えは下り4本と上り3本の乗換時間を5分または10分短縮し、10~21分にする。三陸鉄道南リアス線に接続している盛駅でも、11時50分着の南リアス線列車から大船渡線BRTへの乗換時間を今より40分短い5分にする。

続いて4月27日には2回目のダイヤ改正を実施。まちなか陸前高田駅(岩手県陸前高田市)が一般道区間の陸前高田~高田高校前間に開業し、同駅を通る全てのBRTが停車する。この改正でも乗換時間の短縮が行われ、気仙沼駅では下り5本の乗換時間が4分短縮されて8~10分になる。盛駅では上り3本の乗換時間が5分または10分短縮されて16~21分になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集