【バンコクモーターショー2017】アジアで最も早い国際モーターショー、日本よりも早く新型車が続々

自動車 ニューモデル モーターショー

アジアで最も早く公開されたアウディの小型SUV「Q2」
  • アジアで最も早く公開されたアウディの小型SUV「Q2」
  • 会場入口の様子。会場入口は2カ所用意されている
  • 東京モーターショーには未出展のブランドも数多く出展している
  • アジアで最初に公開されたメルセデスベンツ「Eクラスクーペ」
  • 昨年、北米で公開されたホンダの新型「CR-V」もアジアでいち早く登場した
  • 東京モーターショーには未出展だったボルボもここでは高級車を中心にラインナップ
  • マセラティは昨年よりもさらにブースを大きくして出展
  • 日本を撤退したフォードはピックアップ系で存在感を高めている
開催規模はそれほど大きくはないものの、「バンコク国際モーターショー」(バンコクモーターショー)への出展ブランド数は年々増え続けている。主催者の発表によれば、今年は30以上の自動車系主要ブランドと12のオートバイブランドが出展。出展メーカー数ではもはや東京を凌駕する勢いだ。

会場に入ってまず感じるのが、やはり出展ブランド数の多さだ。アジアではその年の最も早い時期に開催される国際モーターショーということもあってか、東京に出展していないブランドも勢揃いしている。ボルボやランボルギーニ、シボレー、マセラティ、ロールスロイスの他、日本では展開していない韓国のヒュンダイやキア、サンヨン、インドのタタなども出展していた。

一方で東京には出展していたフランスのルノーやシトロエン、プジョー、イタリアのフィアットやアルファロメオ、そして驚いたことにフォルクスワーゲンが出展していなかった。

今回のバンコクモーターショーで特に注目すべきは、日本では未発表の「アジア・プレミア」として公開される車種が目白押しであることだ。ホンダは昨年、北米で発表した新型『CR-V』を出展。日本で発売が決定している『シビック』もいち早く出展されている。

スバルは新型『インプレッサ』をASEAN地域で初出展。会場には2リットルエンジン搭載車が参考出展されていた。トヨタはASEAN地域で人気が高い4ドアセダン『ヴィオス』のマイナーチェンジモデルの他、『CH-R』も発表予定とされる。日産はこれまでタイで展開していなかった『ノート』をエコカーとして出展した。

欧米系では、メルセデスベンツが『Eクラスクーペ』をアジア初公開したことに注目が集まる。展示されていたのは排気量2.0リットルの4気筒ターボエンジンを積む「E300」だった。

アウディは、昨年のジュネーブショーでデビューした小型SUV『Q2』をアジアで最も早く出展した。BMWは日本でも発表済みの新型『5シリーズ』を発表し、ボルボは『XC90』や『S90』など、主に富裕層を狙った高級グレードのラインナップを充実させていた。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集