コンチネンタル、先進運転支援システムの受注が30億ユーロ超え…2016年

自動車 テクノロジー ITS
コンチネンタルの高解像度3Dフラッシュライダー車両周辺センサー
  • コンチネンタルの高解像度3Dフラッシュライダー車両周辺センサー
ドイツに本拠を置く自動車部品大手のコンチネンタルは、2016年の先進運転支援システム(ADAS)の受注額が30億ユーロ(約3650億円)を超えた、と発表した。

コンチネンタルは、主に自動車メーカーから、先進運転支援システムを受注。その内容は、緊急ブレーキアシスト、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー、車線逸脱警告など、幅広い。

コンチネンタルは2016年、急激な成長を見せるADAS市場において、そのリーディングポジションをさらに強化。とくに、センサー類およびソフトウェアの受注が伸び、先進運転支援システムの受注額が30億ユーロを突破した。

なお、コンチネンタルは過去5年間、ADAS分野における開発活動に積極的に投資。累積投資額は、10億ユーロ(約1215億円)を超えている。

コンチネンタル取締役会のエルマー・デゲンハート会長は、「我々の目標は、後に続く世代にとって、交通事故をまったく過去のものにすること。運転支援システムは、すでに世界中の何百万もの交通参加者を事故から守り、その影響を小さくするよう貢献している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集