トライアンフに活気…前年比153%、英国本社にビジターセンター開設、新機種デビューフェア開催など

モーターサイクル 企業動向

トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフのニューモデル、ストリート・スクランブラー。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
  • トライアンフジャパン野田一夫代表取締役社長。
トライアンフのニューモデル『ボンネビル・ボバー』は、1940年代に発生したボバーカスタムを踏襲した1200ccモデル。ムダをそぎ落とし、ミニマルな美しいスタイルを実現している。

トライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫代表取締役社長は、「16年は計11車種もの新型車を日本市場に導入し、大台の1800台にわずか3台届かない1797台を達成しました」と、好調な販売により、年間登録台数として過去最高記録となったことを明らかにした。

対前年比では153%。全世界のトライアンフグループ全体としても、過去最高の小売り台数約6万台を達成している。

「プラス53%の伸びは、トライアンフの全世界の支社の中でトップでありまして、トライアンフモーターサイクルズジャパンとしましては、トライアンフグループの成長にも大きく貢献できたと考えています」(野田社長)

「2017年も16年の成功を継続していきたいと思います。そのために我々は3つの改革を継続していきます。まず今年夏、イギリスの本社にビジターセンターをつくる予定です。トライアンフブランドの価値や歴史を感じていただくとともに、高い技術を感じていただけるようにファクトリーツアーも実施予定です」(野田社長)

「そして2017年の上半期に少なくとも6店舗の新しいお店をオープンします」(野田社長)

まずは3月までに、宮城県に『トライアンフ仙台』、茨城県に『トライアンフ水戸』、神奈川県に『トライアンフ横浜港北』と、3店舗を新規オープンするという。

「そして3点目。今年は特にライフスタイルに特化した商品を出していきます。商品ラインナップのうち、じつに90%が導入から1年程度という非常に新しい商品ラインナップが完成します。ニューモデルのボンネビル・ボバー、ストリート・スクランブラーもそのうちのひとつです」(野田社長)

全国のトライアンフ正規販売店では『Bonneville BOBBER debut fair(ボンネビル ボバーデビューフェアー)』を開催中。来店しアンケートに答えると、「オリジナル ボバーバンダナ」(52cm角、数量限定)がもらえる。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集