ZMP、自動運転実験車両の新モデルを発売…技術開発用、超小型EVベース

自動車 テクノロジー ITS
ZMP RoboCar MV2 2017
  • ZMP RoboCar MV2 2017
  • ZMP RoboCar MV2 2017
  • 制御インジケーターランプ
  • タッチパネル対応拡張モニタ
  • モード切替オンボードスイッチ
  • デリバリーボックス対応
  • RoboCar MV2 2017 コントロールPC&SDK
  • RoboCar MV2 2017 システム構成
ZMPは2月16日、超小型EVをベースとした自動運転技術開発用実験車両「RoboCar MV2 2017」を販売開始した。

新製品は、2012年より同社が販売している1人乗り超小型EVベースの自動運転技術開発用車両「RoboCar MV2」の最新モデル。ユーザーのプログラムからステアリング、アクセル、ブレーキが制御でき、自動車/部品メーカー、研究機関における自動運転や運転支援技術の実車を用いた研究開発に活用できる。

新モデルでは、車速やステアリング角度などの車両状態、搭載されている各種センサの状態などを可視化するコントロールパネルを13インチタブレットに変更し、ドライビングポジションからの視認性・操作性を向上させた。また、コンピュータ制御状態(プログラムモード)と手動運転状態(マニュアルモード)を識別可能なインジケータをダッシュボードに装備。そのほか、開発用PCやセンサ類などの精密機器を格納可能なトランクルームを標準で備えた。

価格(税別)は800万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集