ブリヂストン、二輪世界耐久選手権EWCにタイヤサプライヤーとして参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F.C.C. TSR Honda(写真は鈴鹿8耐)
  • F.C.C. TSR Honda(写真は鈴鹿8耐)
  • No.7 YART Yamaha Official EWC Team
ブリヂストンは2月8日、ニ輪レースのFIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)にタイヤサプライヤーとして参戦、ホンダとヤマハ各1チームにタイヤを供給すると発表した。

供給するチームは、F.C.C. TSR ホンダとYART ヤマハ オフィシャル EWC チーム。耐久レースではライダーやスタッフ、マシンなどだけでなく、タイヤの性能も勝敗を決める重要な要素となっており、ブリヂストンは全日本ロードレース選手権JSB1000や鈴鹿8時間耐久レースなどで培った技術を活かして開発したレーシング バトラックスを供給することで、両チームを足元から支えていく。

2016/2017年度EWCは、フランスで2レースと、ドイツ、スロバキア、日本で各1レース、年間全5レースで競われる。レースは8時間から24時間の耐久レースで、ライダーは最大3人で交代しながら最も長い距離を走ったチームが優勝となり、各レースでポイントが付与され、全5レースでの総合ポイントによってシリーズ優勝が決定する。また、今年度からはシリーズが2016年9月開幕となり、2017年7月に日本の鈴鹿サーキットで行われる鈴鹿8時間耐久レースが最終戦となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集