【トヨタ C-HR】発売1か月で4万8000台を受注…月販目標の8倍

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタC-HR
  • トヨタC-HR
  • トヨタC-HR
  • トヨタC-HR
  • トヨタC-HR
  • トヨタC-HR
トヨタ自動車は1月19日、新型クロスオーバー車の『C-HR』の受注状況を明らかにした。2016年12月14日の発売からおよそ1か月にあたる2017年1月19日時点で、約4万8000台の受注を獲得している。

4万8000台の内訳は、ハイブリッド車が約3万7000台。ターボ車は約1万1000台。ハイブリッド車の人気が高い。なお、4万8000台の受注は、月販目標の8倍。

トヨタによると、スピード感あふれるキャビン形状、「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、個性際立つスタイリングが顧客に好評。

また、TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加えて、レスポンス、リニアリティ、コンシステンシーを突き詰めた走行性能も支持された。

さらに、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/リットルの燃費を実現し、エコカー減税の免税対象となっている点も、評価されているという。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース