【オートモーティブワールド2017】バッテリー残量の正確な把握、高効率回生を追求…リニアテクノロジー

自動車 ビジネス 国内マーケット
リニアテクノロジー(オートモーティブワールド2017)
  • リニアテクノロジー(オートモーティブワールド2017)
  • リニアテクノロジー(オートモーティブワールド2017)
  • リニアテクノロジー(オートモーティブワールド2017)
  • リニアテクノロジー(オートモーティブワールド2017)
「ハイブリッド車や電気自動車は、電池残量を正確に把握することが課題」と伝えるリニアテクノロジーは、ICあたり12セルまで監視可能なバッテリマネジメントシステムを提案。マルチセルバッテリーモニターICなどによる開発コスト・部品コスト削減をアピールした。

HVやEVのバッテリまわりは、セル電圧計測精度の向上、電池モジュール容量のリカバリーなどが課題とされていた。同社は複数のセルを同時監視でき、測定誤差±1.2mVの高精度、ISO26262に準じたマルチセルバッテリーモニターICを開発。「このICにより、高精度計測が実現し、EV走行距離を改善、電池コストと質量の両方を削減できる」。

同社はまた、エネルギー回生システム向けソリューションも提案。同期整流方式による高効率化を図った高効率コンバーターLTC3871を中心としたソリューションも来場者に説明。HVやEVは、モーターによる制動力(エネルギー回生)と油圧による制動力の両方でクルマを止めるが、このコントローラーによって、ISG・蓄電デバイス・高電圧対応電装品と、12Vバッテリー・12V製品などの双方向昇降圧を実現させるという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 【オートモーティブワールド2017】自動運転の実現にも可能性、スマホで車をリモート制御・監視できる技術…アプトポッド 画像 【オートモーティブワールド2017】自動運転の実現にも可能性、スマホで車をリモート制御・監視できる技術…アプトポッド
  • 【オートモーティブワールド2017】トヨタ松尾主査「完全自動運転は最低限140億kmテスト必要」 画像 【オートモーティブワールド2017】トヨタ松尾主査「完全自動運転は最低限140億kmテスト必要」
  • 【オートモーティブワールド2017】モバイルアイを追い越せ!FPGAによる深層学習チップ 画像 【オートモーティブワールド2017】モバイルアイを追い越せ!FPGAによる深層学習チップ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース