スバル XV 新型、日本導入は今春に…新プラットフォーム第2弾

自動車 ニューモデル 新型車
スバル XV が今春日本導入となる(写真はコンセプトモデル)
  • スバル XV が今春日本導入となる(写真はコンセプトモデル)
  • スバル XV コンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル XV コンセプト(ジュネーブモーターショー16)
  • スバル XV 現行モデル(写真は北米仕様)
富士重工業は17日、新型スバル『XV』の国内導入を今春に予定していることをメディア向け試乗会の中で明らかにした。昨年12月に発売した『インプレッサ』に次ぐ「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用車種の第2弾となる。

現行XVは2011年に発表。インプレッサをベースとしながらクロスオーバーSUVのテイスト、走行性能を持ち合わせ、都会的なイメージがヒット。特に北米で人気を集め、2016年は10万台近くを販売するスバルを代表する車種のひとつに成長した。

新型は「XVコンセプト」として2016年のジュネーブモーターショーで登場を予告されており、ベースとなるインプレッサのフルモデルチェンジを待って、いよいよその姿が明らかになる。新型の仕様など詳細は明かされていないが、「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用第1弾であるインプレッサは格段に進化した走りや質感が高く評価されており、XVにも期待が持てそうだ。

日本、北米だけでなくグローバルでの販売を見込み、コンセプト同様、3月に開催されるジュネーブモーターショーでのワールドプレミアが予想される。その後、日本での発売となる見込みだ。
《宮崎壮人》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース