スズキ GSX250R、4月17日発売…低中速重視の新型ロードスポーツ

モーターサイクル 新型車

スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
  • スズキGSX250R
スズキは、新型ロードスポーツバイク『GSX250R』を4月17日より発売する。

GSX250Rは、2016年11月にミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティなスタイリングが特長だ。

パワーユニットは、最高出力24.5ps、最大トルク22Nmを発生する水冷2気筒248ccエンジンを搭載する。フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視。同時に41.0km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を実現している。

スタイリングは「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージ。テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティなデザインとし、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながら、快適なライディングポジションを実現した。

GSX250Rは2016年12月より中国で販売を開始しており、2017年4月より日本、欧州をはじめ販売国を拡げていく。

価格は52万7040円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集