【オートモーティブワールド2017】村田製作所、農機の自動運転を支援するジャイロセンサなどを出展予定

自動車 テクノロジー ITS
ジャイロセンサSCC2000シリーズ
  • ジャイロセンサSCC2000シリーズ
村田製作所は、1月18日から20日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド 2017:第9回[国際]カーエレクトロニクス技術展」に出展する。

村田製作所は、GNSSシステムとIMU(慣性計測装置)を組み合わせたマゼラン社の高精度GNSS慣性航法システム(GNSS INS)に採用さた「ジャイロセンサSCC2000シリーズ」を出展。センサの実機とともに、同GNSS INSが農機に搭載され田畑での自動運転を開始した事例などを紹介する。

また、現在開発中の高性能加速度センサ「SCA3300シリーズ」を姿勢制御のデモや動画とともに紹介。傾斜計測用MEMSセンサとして業界最高レベルの仕様で、自動車のトランスミッション制御や生産設備や建機・農機の傾き検知など、インダストリアル用途に適した製品となっている。

同社はその他、駆動装置の小型化・高効率化に貢献するエンジン始動用リチウムイオンバッテリや、ダッシュボードでの画面操作に向けたソリューション、高信頼・高効率・高機能な車載用積層セラミックコンデンサやインダクタ、タイミングデバイス等受動部品群などを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース