NVIDIAとゼンリン、AIを活用した日本向けHDマップ整備を共同研究

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
NVIDIAは1月4日、ゼンリンと自律走行車両用の日本向けHDマップソリューションについて共同研究することで合意したと発表した。

共同研究は、データ収集を行う車両側とクラウド側、両方における一連のプロセスが対象となる。現地調査を行う計測車両では、車載コンピュータのNVIDIA DRIVE PX 2 AIとNVIDIA DriveWorksソフトウェアを使い、カメラや LIDARセンサで収集した膨大なデータを処理。ディープラーニングの活用により、詳細な環境モデルの生成に必要な画像認識や地物検出、属性分類もリアルタイムに行う。またデータ センタ側では、NVIDIA GPUとNVIDIA MapWorksソフトウェアを使って複雑なデータを処理。多数の車両から届くデータをコンパイルして登録し、3Dマップを作成する。

今回の共同研究では、計測車両から取得した道路画像と点群データ等を含むゼンリンのビッグデータと、NVIDIAのAIテクノロジを融合。短期間で、より広範囲のHDマップを自動車メーカー各社に提供することを目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【注意】8~9日に降雪予想、中央道大月JCT~河口湖ICなど…NEXCO中日本が呼びかけ 画像 【注意】8~9日に降雪予想、中央道大月JCT~河口湖ICなど…NEXCO中日本が呼びかけ
  • 【デトロイトモーターショー2017】メルセデスベンツ、GLA 大幅改良モデルの公開を予告 画像 【デトロイトモーターショー2017】メルセデスベンツ、GLA 大幅改良モデルの公開を予告
  • 【CES 2017】日産、米財団プロジェクトと提携…自動運転車の円滑な導入へ 画像 【CES 2017】日産、米財団プロジェクトと提携…自動運転車の円滑な導入へ
  • DeNAとZMP、自動運転での業務提携解消…「ロボットタクシー」の運営方針にズレ 画像 DeNAとZMP、自動運転での業務提携解消…「ロボットタクシー」の運営方針にズレ

特集