車と信号機をネットワーク接続…アウディが米国でサービス開始

自動車 テクノロジー ネット
アウディの車両対インフラストラクチャー(V2I)サービス
  • アウディの車両対インフラストラクチャー(V2I)サービス
  • アウディの車両対インフラストラクチャー(V2I)サービス
  • アウディの車両対インフラストラクチャー(V2I)サービス
ドイツの高級車メーカー、アウディは12月6日、本格的な車両対インフラストラクチャー(V2I)サービスを、米国ラスベガスで開始すると発表した。

信号機が赤から緑に変わるタイミングが事前にわかっていたら、これまで以上にリラックスして、効率的な運転ができるはず。こんな発想の下、アウディは自動車と都市インフラの接続を試み、自動運転に向けて重要な一歩を踏み出す。

第一段階として、2016年6月以降に製造され、「アウディコネクト」を搭載した米国向け『A4』および『Q7』全モデルに、この機能を搭載。米国では地方自治体の交通管制センターが、信号機データをアウディのプロジェクトパートナーであるトラフィックテクノロジーサービシス(TTS)に提供。TTSはデータを処理して、4G/LTEといった高速インターネットサービス経由で、リアルタイムでアウディのオンボードコンピュータに、信号機の情報を送信する。

トラフィックライトインフォメーションV2Iコンポーネント初の機能は、「Time-to-Green」と命名。アウディバーチャルコクピットまたはヘッドアップディスプレイを介して、制限速度内で走行した場合、信号が緑になるかどうかを確認できる。

また、信号が緑に変わらない場合は、緑に変わるまでの時間がカウントダウンされるため、ドライバーはあらかじめアクセルを緩めてスピードを調整できる。ヨーロッパのパイロットプロジェクトでは、この信号機情報のおかげで先を見越した運転ができるようになり、交通の流れに良好な効果をもたらすことがわかった。


アウディのエレクトロニクス開発責任者、アンドレアス・ライヒ氏は、「リアルタイムに交通インフラストラクチャーと情報を交換。ドライバーは自分の運転パターンを道路状況に合わせて、今まで以上にリラックスし、抑制を効かせた方法で市街地を通行できるようになる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【デトロイトモーターショー16】トヨタ、MIRAI の実験車を初公開…平面アンテナで衛星通信 画像 【デトロイトモーターショー16】トヨタ、MIRAI の実験車を初公開…平面アンテナで衛星通信
  • トヨタとKDDI、グローバル通信プラットフォーム構築で「つながるクルマ」を推進 画像 トヨタとKDDI、グローバル通信プラットフォーム構築で「つながるクルマ」を推進
  • 日産、コネクテッド用に専用通信機「TCU」導入 画像 日産、コネクテッド用に専用通信機「TCU」導入
  • ルネサス、車車間・路車間通信SoC2品種をサンプル出荷---トヨタが採用 画像 ルネサス、車車間・路車間通信SoC2品種をサンプル出荷---トヨタが採用

特集

おすすめのニュース