熊本地震の影響、九州発着長距離フェリー旅客が2年ぶり減少 2016年度上半期

航空 企業動向
国土交通省九州運輸局は、2016年上半期(4~9月)の長距離航路輸送実績を発表した。

九州発着の長距離フェリーの輸送実績は、旅客が前年同期比1.5%減の82万4000人、車両が同4.3%増の58万4000台となった。

4月の熊本地震の影響で旅客は2年ぶりに減少となったが、車両は震災復興関連の輸送需要の増加で2年連続で前年を上回った。

車両の内訳は乗用車が同0.5%減の22万3067台、バスが同32.5%増の2873台、トラックが同7.2%増の35万8395台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集