【ホンダサンクスデー16】2輪4輪、夢の競演と対決だ!!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
  • ホンダレーシングサンクスデー2016
ツインリンクもてぎで4日開催された「ホンダレーシングサンクスデー2016」。2輪4輪どちらのジャンルでも活躍しているホンダだからこそできるのが、2輪と4輪の競演だ。

ホンダレーシングの黎明期を支えたレジェンドマシンが走行した「Sound of ENGINE ~世界最速への挑戦~」のプログラムでは、ホンダコレクションホールで動態保存されている、『RC142』にマルケス選手、『RS125RW』にペドロサ選手がライディング。『RA301』にアロンソ選手、『McLaren Honda MP4/6』にバトン選手がドライブした。デモランから降りたあとの4人は興奮冷めやらない感じで話しが盛り上がっていた。

また、今年新たなプログラムとして行われた「2&4 ゼロサン対決」では、スーパースピードウェイの直線部分を使い、300mの加速対決が行われた。
『N-ONE』野尻選手vs『GROM』能塚選手、『シビック TypeR』武藤選手vs『CBR600RR』榎戸選手、『CBR1000RR #090』秋吉選手vs『CBR1000RR #634』高橋選手、『SF14 #16』山本選手vs『SF14 #64』中嶋選手、『SF14 #16』山本選手vs新型『NSX』塚越選手と、排気量の近いところからスタートして、レーシングマシン同士の対決、レーシングカーと市販車という対決が行われ、ファンはどちらが速いのだろうと興味津々で見ていた。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダサンクスデー16】2輪4輪どちらのファンも楽しめたツインリンクもてぎ 画像 【ホンダサンクスデー16】2輪4輪どちらのファンも楽しめたツインリンクもてぎ
  • 【ホットロッドショー16】カスタムカーがパシフィコ横浜を埋め尽くした…四輪[写真蔵] 画像 【ホットロッドショー16】カスタムカーがパシフィコ横浜を埋め尽くした…四輪[写真蔵]
  • 【ホットロッドショー16】25周年で大盛り上がり…二輪[写真蔵] 画像 【ホットロッドショー16】25周年で大盛り上がり…二輪[写真蔵]
  • ハーレーダビッドソン・ジャパン、グレッグ・ウィリス氏が社長に就任 画像 ハーレーダビッドソン・ジャパン、グレッグ・ウィリス氏が社長に就任

特集