首都高で「エスコートライト」運用開始…上り勾配での減速渋滞対策

自動車 テクノロジー 安全
エスコートライト
  • エスコートライト
首都高によると、2016年12月1日から中央環状線(内回り)中野長者橋付近で「エスコートライト」の運用を開始した。

エスコートライトは、路側に設置した灯具の光を進行方向へ流れるように点灯させる。それにより、上り勾配で速度低下を防ぐ渋滞対策装置。上り勾配で速度低下による渋滞が発生している区間に設置する。

今回の設置区間は上り勾配のため、平日の朝ピーク時を中心に夕方にかけて渋滞が発生している状況。そのため、エスコートライトの点灯時間は朝~夕まで連続点灯し、夜は消灯することにしている。ただし、運用開始後の交通状況により見直すと首都高では説明している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 年末年始、渋滞のピークは1月2日、3日…高速道路各社予測 画像 年末年始、渋滞のピークは1月2日、3日…高速道路各社予測
  • ジャガー・ランドローバーの最新自動運転車、先進のコネクテッド技術搭載 画像 ジャガー・ランドローバーの最新自動運転車、先進のコネクテッド技術搭載
  • 【F1 六本木GP】東京の市街地コースでナイトレース開催???[動画] 画像 【F1 六本木GP】東京の市街地コースでナイトレース開催???[動画]
  • 中学受験生の7割以上「年末年始も勉強」…学習場所は塾が最多 画像 中学受験生の7割以上「年末年始も勉強」…学習場所は塾が最多

特集