トヨタ、HV用トランスアクスルとガソリンエンジンをポーランドで生産開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランド
  • トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランド
  • トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランド トランスミッション製造
  • トヨタ・モーター・インダストリーズ・ポーランド
  • トヨタ・モーター・インダストリーズ・ポーランド エンジン製造
トヨタ自動車は、ポーランドにおけるトランスミッションおよびエンジン生産工場、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランド(TMMP)にて、2018年からハイブリッド用トランスアクスルの生産を開始すると発表した。

また、同国にあるディーゼルエンジン生産工場、トヨタ・モーター・インダストリーズ・ポーランド(TMIP)にて、2017年から1.5リットルガソリンエンジンと、2019年からは2.0リットルガソリンエンジンの生産を開始する。

今回の新規生産に伴う追加投資額は約1億5000万ユーロ(約170億円)、2002年の事業開始からの累計投資額は、9億5000万ユーロ(約1080億円)となる。

ハイブリッド用トランスアクスルは、ハイブリッドパワートレインを構成する重要な部品の一つ。現在、欧州生産のハイブリッド車には、日本で生産したハイブリッド用トランスアクスルを搭載しているが、2018年からは、TMMPに生産移管し、『オーリス・ハイブリッド』と「オーリス・ツーリング・スポーツ・ハイブリッド」に搭載する。また、今年末に生産開始となる新型クロスオーバー『C-HR』のハイブリッド車にも今後、搭載する予定だ。

ハイブリッドはトヨタにとって、欧州にて他社と差別化する要となる。TMEは今後、ハイブリッド販売のさらなる増加を予測しており、現在約30%の販売比率を、2020年には50%にすることを目指している。

またTMIPでは、現在生産している1.4リットルと2.2リットルのディーゼルエンジンに加え、2017年2月からは、『ヤリス』向けに1.5リットルガソリンエンジンの組立をスタート。2019年後半からは2.0リットルガソリンエンジンの生産を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集