【リコール】三菱 ミニキャブ など13万台、ホーンが鳴らなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
三菱・ミニキャブ バン(2013年)
  • 三菱・ミニキャブ バン(2013年)
  • 改善箇所
三菱自動車は9月23日、『ミニキャブ』などのホーンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『ミニキャブ』『ミニキャブ-MiEV』、日産『クリッパー』の3車種で、2011年11月18日から2015年8月18日に製造された13万3970台。

ホーン内部の電気接点材料が不適切なため、繰り返し被水すると内部電気接点に酸化皮膜が生成され、導通不良を起こすことがある。そのため、ホーンが鳴らなくなるおそれがある。

改善措置として、ホーンを対策品と交換する。

不具合は57件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース