東京馬喰町で『北斗星』復活?…JR東日本、低コスト宿泊施設オープン

鉄道 企業動向
「Train Hostel 北斗星」の客室(2段ベッドタイプ)イメージ。かつて『北斗星』で使われていた寝台客車の部品を再利用する。
  • 「Train Hostel 北斗星」の客室(2段ベッドタイプ)イメージ。かつて『北斗星』で使われていた寝台客車の部品を再利用する。
  • 客室の鳥瞰イメージ。2段ベッドタイプと個室タイプを設ける。
  • 上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』。2015年に廃止された。
JR東日本は9月6日、訪日客の取り込みを目指した簡易宿泊施設「Train Hostel 北斗星」を総武本線の馬喰町駅(東京都中央区)近くに設けると発表した。12月中旬のオープンを予定している。

発表によると、ジェイアール東日本都市開発が開発し、千葉県などで宿泊事業を展開しているR.project社が運営。馬喰町駅付近にある地上7階建ての既存ビルを取得し、6階までを簡易宿所に用途変更した。

客室は2段ベッドタイプと個室タイプの2種類で、料金は1泊2500~4000円。上野~札幌間の寝台特急『北斗星』(2015年廃止)の寝台客車で使われていた部品を再利用し、「限られたスペースで細部にまでこだわった寝台列車の空間づくり」を取り入れるという。また、全てのスタッフが英語で案内できるようにするなど、訪日外国人旅行者に対応する。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース