名鉄瀬戸線の高架化工事で仮線切替 9月17日から

鉄道 企業動向
現在の線路(黒)と仮線(緑)の位置。9月17日に切り替えられる。
  • 現在の線路(黒)と仮線(緑)の位置。9月17日に切り替えられる。
  • 高架化完成後の瀬戸線と国道302号のイメージ。

名古屋鉄道(名鉄)は8月16日、瀬戸線の喜多山駅(名古屋市守山区)付近で実施している鉄道高架化事業について、9月17日の初発から小幡~大森・金城学院前間の線路を仮線に切り替えると発表した。

この高架化事業は、名鉄瀬戸線の小幡駅から喜多山駅を経て大森・金城学院前駅付近までの約1.9kmを高架化するもの。途中9カ所の踏切が解消されるほか、新たに3本の立体交差道路も整備される。2000年3月に都市計画の事業認可を受け、2006年3月に工事協定が締結された。名鉄は2014年から工事を進めてきた。

発表によると、9月16日の終列車から9月17日の初列車まで切替工事を実施。下り線は全面的に仮線に切り替えるが、上り線は小幡~喜多山間の一部のみ切り替える。喜多山駅も下りホームのみ仮設ホームに切り替えられる。

これに伴い名鉄は、9月17日に瀬戸線のダイヤ改正を実施。一部の列車で発車時刻や到着時刻を変更する。

《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース