シュコダの新SUV、コディアック…2.0ターボは180馬力

自動車 ニューモデル 新型車
シュコダ コディアック の開発車両
  • シュコダ コディアック の開発車両
  • シュコダ コディアック の開発車両
  • シュコダ コディアック の開発車両
  • シュコダ コディアック の開発車両
  • シュコダ コディアック の開発車両
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダが2016年後半に発表する新型SUV、『コディアック』。同車のパワートレインが先行公開された。

コディアックは、シュコダの大型SUVとして登場する予定。ボディサイズは、全長がおよそ4700mm。3列シートを設定し、最大で7名が乗車できる空間を持つ。

荷物スペースはクラス最大。3列シートはオプションで用意される。なお現時点では、車体に擬装が施された開発プロトタイプ車両のみが公開されている。

7月7日、シュコダは、コディアックのパワートレインを先行公開。フォルクスワーゲングループのガソリン「TSI」3機種とディーゼル「TDI」2機種が設定される。

ガソリンで最もパワフルなのは、「2.0TSI」。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力180psを引き出す。トランスミッションは、6速MTおよびDSGが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集