阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

鉄道 企業動向
福島(福島市)~槻木(宮城県柴田町)間54.9kmの阿武隈急行線を運営する阿武隈急行は5月28日、A417系電車の「ラストラン」臨時列車を運転する。

A417系は2008年10月、阿武隈急行線に導入された電車。同線では1988年7月の全線開業時に導入された8100系電車が運用されているが、輸送力の強化を図るため1978年に製造された旧国鉄車の417系電車3両編成1本をJR東日本から譲り受け、阿武隈急行の仕様に合わせた改造が施された。今年3月のダイヤ改正で通常の営業運転から外れており、5月28日の「ラストラン」臨時列車での運用をもって、完全に引退することが決まった。

阿武隈急行の発表によると、A417系で運転される臨時列車の時刻は、梁川10時28分発~槻木11時42分着、槻木11時53分発~福島13時11分着、福島13時29分発~梁川14時05分着。このうち槻木11時53分発の列車は、一部の駅を通過する。

臨時列車の運転に合わせ記念切符も発売される。発売額は1110円で、500セット限定。5月27日から駅員のいる駅で発売されるほか、「ラストラン」臨時列車の車内でも購入できる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集