【北京モーターショー16】メルセデス Eクラス 新型、140mm長いLWB初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様(北京モーターショー16)
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様(北京モーターショー16)
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデス Eクラスのロングホイールベース仕様
ドイツの高級車、メルセデスベンツは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、新型『Eクラスセダン』のロングホイールベース仕様を初公開した。

ロングホイールベースは、先代Eクラスセダンに中国専用車として設定。もともと、『Sクラス』にロングホイールベース仕様を持つメルセデスベンツだが、中国ではSクラスより下のセグメントでも、ロングホイールベースに対する需要が根強い。

そこで、メルセデスベンツは、先代Eクラスセダンに、中国専用のロングホイールベースを投入。現在では、『Cクラスセダン』でも、中国ではロングホイールベースが選択できる。また、ドイツ競合プレミアムも、BMWが『5シリーズ』、アウディが『A6』に、中国専用車のロングホイールベースをラインナップする。

4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16でワールドプレミアされたのが、新型Eクラスセダンのロングホイールベース仕様。通常のEクラスセダンと比較すると、全長は140mmプラスの5063mmに、ホイールベースは140mmプラスの3079mmに。これにより、後席乗員のゆとりが高められた。

なお、新型Eクラスセダンのロングホイールベース仕様も先代同様、中国専用車。ダイムラーと北京汽車の中国合弁、北京ベンツの中国北京工場において、現地生産される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集