【トヨタ 86 GTリミテッド 試乗】サーキットよりもオンロードで走りたい…中村孝仁

試乗記 国産車

トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
  • トヨタ 86 GTリミテッド
ガズーレーシングの『86GRMN』と共に、サーキット試乗を堪能させてもらったのが最上級グレードの「GTリミテッド」である。

試乗車はもちろんサーキット走行に合わせて、6速マニュアル仕様である。実は指定されていたから仕方がなかったのだが、このクルマに乗る直前にガズーレーシングの86GRMNに試乗したばかり。その面白さを堪能して、実はコーナーの進入など結構攻めていた。で、一周目こそ気を付けて走り始めたのだが、2周目にGRMNと同じような攻め方で高速コーナーからタイトターンに進入したのだが、危うくコースアウトしそうになった。やはりブレーキ性能はGRMNと比較するとかなり落ちる。

もっともそれはサーキットで本気で走った時の話であり、はなっから比較する方が間違っている。VSCの効き具合もGRMNに比べると早目の介入に感じられたが、これもオンロードにおける安全性を担保する目的だから、当然と言えば当然である。VSCはノーマル、スポーツ、オフの3段階のようで、今回はVSCノーマルとVSCスポーツで走ってみた。本気で攻めようと思ったらこいつをカットすればよいわけで、まあ、GRMNのような痛快さをサーキットでは求められないが、その分オンロードで快適に、安全に走りを楽しむことが出来るのがGTリミテッドである。

シートは本革とアルカンタラを使った豪華なもので、快適かつサポート性能もそれなりに優れたスポーツシートであるが、さすがにサーキット走行となるとサイドサポートが少し物足りず、ステアリングにしがみつくことになる。試乗したモデルはタンのカラーリングを持つシートだったが、なかなか小粋な雰囲気を醸し出し、こいつはオンロードで走りたいという衝動に駆られた。

さすがにフラット4エンジンを搭載することから重心高は他の直4ユニットを積むスポーツカーよりも低いのか、全体的なイメージとして扱い易さを感じる。今回はあくまでもGRMNとの比較試乗のために持ち込まれたものだから、差がついて当然。こちらは本来オンロードで快適で楽しい走りを味わう目的のモデルである。


中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来38年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。
《中村 孝仁》

編集部おすすめのニュース

特集