【VW ポロ GTI 6MT 試乗】日本車メーカーがこれを作らないでどうする…諸星陽一

試乗記 輸入車
VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
  • VW ポロ GTI
『ポロ GTI』のMTは、2015年6月にじつに6年ぶりに導入されたMTモデル。このタイミングで『ゴルフ GTI』、『ゴルフR』という2台のMTモデルも追加された。

『up!』の上に位置するコンパクトモデル「ポロ」のスポーティモデルがGTI。当初、日本に導入された時点では7速DSGの2ペダルモデルのみがラインアップされていたが、この2015年6月のタイミングで6速のMTが追加されている。基本的なスペックはDSGモデルと同様で、ボディ全幅が1685mmの5ナンバーサイズ。

搭載されるエンジンは1.8リットルターボ。最高出力は192馬力とDSGモデルと同じ数値となっているが、発生回転数はDSGが5400-6200rpmであるのに対し6MTは4300-6200rpmと1100rpmも低い回転数からパワーが絞り出されている。また、最大トルクについてもDSGの250Nmに対して、6MTは320Nmと圧倒的な高さを誇る。

さて走りだ。まず、ポロというクルマのサイズが日本の道路事情にベストマッチしている。そもそも日本でクルマを元気よく走らせようとしたら5ナンバーサイズでなければ難しい。それは道路の幅を考えれば容易に想像できるはずだ。全幅1685mmは日本を走るために生まれてきたクルマじゃないかと思わせるほどのマッチングのよさ。

しっかりしたクラッチペダルを踏み、ギヤを選びながら走るのはスポーツドライブをしている感覚にあふれている。DSGもダイレクト感のあるドライビングが可能だが、MTはさらにダイレクト感のあるドライビングができる。ソリッド感と言ってもいいだろう。タイヤとドライバーがつながっている感覚が強い。

2ペダルのほうがステアリング操作に集中できる…という考え方もあり、それはそれで正しいのだが、クラッチペダルとHパターンのミッションの組み合わせは、走りの選択肢が広がる。たとえばクラッチを使って駆動力をカットするとか、ギヤを飛ばしてセレクトするとか…DSGではできなかったりやりづらかったりすることもできる。そうした特殊なテクニックを使うことのない走りでも、クラッチペダル付きのモデルはヒールアンドトゥでリズムを取りながら走るといったこともできる。それも大きな魅力だ。

エンジンのパワーは十分にあり、低回転からしっかりとトルクが盛り上がるので、コーナーで減速したのちの再加速がしっかりと行える。ショックアブソーバーの減衰力やステアリング特性、排気音を「ノーマル」と「スポーツ」に切り替え可能なスポーツセレクトによって、ハンドリング特性を選べるという機能も備える。「スポーツ」ではガシッとしまった特性となり、ワインディングで次々に現れるコーナーをヒラリヒラリとこなしていける。

車両本体価格は327万5000円。これは『アルファード』のボトムグレード、マツダ『ロードスター』のトップグレードとほぼ同じ価格帯。そう考えるとなかなか手を出せるモデルではない。本来なら日本車メーカーがこうしたクルマを作り、若者に選ぶ機会を与えるべきだ。国産なら、もっとリーズナブルな価格設定が可能だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集