メルセデスCクラス カブリオレ に頂点「AMG 63」…510馬力オープンの走行性能[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー
メルセデスAMG C63カブリオレ
  • メルセデスAMG C63カブリオレ
ドイツの高級車、メルセデスベンツが3月23日、ニューヨークモーターショー16でワールドプレミアした『メルセデスAMG C63カブリオレ』。同車の公式映像が、ネット上で公開された。

同車は、新型『Cクラス カブリオレ』の頂点に位置する高性能グレード。パワートレインは、メルセデスベンツが2015年9月、フランクフルトモーターショー15で発表した『メルセデスAMG C63クーペ』と共通。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、新型スポーツカーの『メルセデスAMG GT』譲り。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトMCT7。サスペンションやブレーキなど、足回りを強化。内外装には、AMGらしいスポーティさが演出された。

メルセデスベンツの公式映像には、さらなる高性能を求める顧客向けの『メルセデスAMG C63 Sカブリオレ』が登場。この「S」バージョンでは、最大出力が510hp/5500-6250rpm、最大トルクが71.4kgm/1750-4500rpmに引き上げられる。

0-100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)と、オープンカー屈指のパフォーマンスを備えた同車の映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集