【東京モーターサイクルショー16 動画】インディアン「スカウトSIXTY」とヴィクトリー「オクテイン」、2ブランドから走りのクルーザー

モーターサイクル 新型車

インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー
  • インディアン&ヴィクトリー


2輪・4輪の輸入ブランドを広く手掛けるホワイトハウスオートモービルからは、2つの革新的なアメリカンモーターサイクルブランドが紹介された。

1900年にアメリカ最古のバイクメーカーとして誕生以来、数々の歴史的な名車を作り続けてきたインディアン。かつてバート・マンローが世界最速記録を樹立した伝説のモデルを現代に蘇らせた『スカウト』を2015年に発売したのに続き、今回はその進化版である『スカウトSIXTY』が登場。その名のとおり、排気量を999cc(60キュービックインチ)にダウンサイジングし、クルーザーとしてクラストップレベルの軽快なハンドリングを実現したモデルだ。

また、インディアンモーターサイクル発祥地の名に由来する『スプリングフィールド』は、クラシカル&ラグジュアリーな装備はそのままにツアラーとしての軽快感とバガースタイルの利便性を併せ持つ新たなセグメントとして初公開された。

もうひとつがレジャービークルで全米ナンバーワンシェアを誇るポラリス社が開発製造を手掛ける新進気鋭の2輪ブランド、ヴィクトリーから発表された『オクテイン』だ。パイクスピーク・ヒルクライムレースを走破した『プロジェクト156』の技術が投入されたヴィクトリー初となる水冷タイプの1200ccDOHC60度Vツインエンジンを搭載。最高出力103psを発揮し、0-100km/h加速4秒という瞬足を誇る。アルミ鋳造フレームにABS搭載の前後大径ディスクブレーキ、アルミホイールを装備するなど車体も本格的スポーツ仕様。新設計のステアリングジオメトリーが導入されるなど、走りの性能を重視した作りとなっている。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集