ランボルギーニ ウラカン LP610-4 スパイダー 日本発表…100km/hまで3.4秒、3267万円

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4 スパイダー
コーンズモータースは11月26日、ランボルギーニ青山において、「Lamborghini Huracan LP 610-4 Spyder Launch party」を開催、『ウラカン LP610-4 スパイダー』を日本初公開した。

昨年8月に日本デビューした『ウラカン』が牽引し、ランボルギーニは着実に台数を増やしている。10月時点では、昨年の143台から313台と200%以上の伸び率(JAIA調べ)だ。そのウラカンをベースにしたオープンモデルがウラカンスパイダーである。

エンジンは5.2リットル自然吸気V型10気筒で、最大出力は610馬力。0-100km/h加速は 3.4 秒(クーペは3.2秒)、200km/hまで10.2秒(同9.9秒)。トップスピードは324km/h(同325km/h)だ。また、ルーフの開閉は50km/h以下であれば可能で、その時間は約17秒である。

ルーフはブラック、ブラウン、レッドの3色が用意され、開閉可能なリアウインドウにより、開いた状態では自然吸気 V10 の独特なエンジン音を増幅させるアンプとして機能するという。

パーティ当日は、100名以上の招待客がショールームを訪れ、会場は熱気にあふれていた。

このウラカンLP610-4スパイダーの納車は2016年春ごろから開始され、価格は3267万円(税込み)である。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【ロサンゼルスモーターショー15】ランボルギーニ ウラカン に「LP580-2」…580馬力の2WD仕様 画像 【ロサンゼルスモーターショー15】ランボルギーニ ウラカン に「LP580-2」…580馬力の2WD仕様
  • ランボルギーニ、ウラカンLP610-4 2016年モデルの受注開始…気筒休止システム採用 画像 ランボルギーニ、ウラカンLP610-4 2016年モデルの受注開始…気筒休止システム採用
  • ランボルギーニ ウラカン、2016年型に進化…気筒休止採用 画像 ランボルギーニ ウラカン、2016年型に進化…気筒休止採用
  • 【フェラーリ 488 スパイダー】歴代スパイダー史上最速、0-100km/hは3秒 画像 【フェラーリ 488 スパイダー】歴代スパイダー史上最速、0-100km/hは3秒

特集