【スズキ ソリオ 試乗】快適、安心、そして「本当に低燃費」…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッドMZ
コンパクトカー感覚で乗れる手頃さが『ソリオ』の強み。さらに新型に試乗し、驚かされたのは“いいところばかりが際立つ”ということだった。

最初に実感したのは乗り味のよさだ。こわばっていない実になめらかな乗り心地は、より上級のミニバンにも迫る。背が高いが頭が揺れないし、ロードノイズやフロアから伝わる微震動の小ささもかなりのもの。

運転もしやすい。窓が大きいミニバン風のデザインだからフロントガラス下端が低く視界が明るいのは当然だが、センターメーターなどの視認性、ステアリングを始めとした操作系のリーチは普通の2ボックスカーのように自然でいい。最小回転半径が4.8mという小ささなのも取り回しがラクで、非常に助かる。

室内スペースのゆとりはもちろん大きい。インパネは工夫されたデザインだが、殺伐とはしていず、妙に凝り過ぎていないところに安心感がある。

ハイブリッドの走りの“効果”も実感できる。モーターアシストの制御は積極的な頻度、かつ自然で、街中で再加速をしたいような場面で、心強くスムースな加速をしてくれるなど、運転しやすい。エンジンノイズはボリューム自体が小さいが、ISGのスッと静かな再始動も、走りの上質なムードを作る一要素だ。

燃費もかなりいい。実際のユーザーと同じように、日常使い数日と郊外の遠出をあわせ、普通に走らせて、満タン法で23.1km/リットルだった。ほぼ1名乗車ではあるが、乗り始めても財布と環境にやさしいクルマであることは確かだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集