トヨタ、首都高で自動運転実験車の報道向け試乗会

自動車 テクノロジー 安全
レクサス GSをベースにした自動運転実験車
  • レクサス GSをベースにした自動運転実験車
  • 自動運転実験車「Highway Teammate」によるデモ走行
  • 葛巻主査と自動運転実験車
  • 自動運転実験車「Highway Teammate」によるデモ走行
  • 自動運転実験車「Highway Teammate」によるデモ走行
  • 安全技術企画主査の葛巻清吾氏
  • レクサス GSをベースにした自動運転実験車
  • レクサス GSをベースにした自動運転実験車
トヨタ自動車は10月8日、都内で安全技術説明会を開き、2020年ごろの実用化を目指している自動運転実験車を公開し、報道関係者の同乗試乗などを行った。

自動車専用道路内を自動走行できる車両であり、トヨタは「Highway Teammate」との呼称を付けた。実験車はレクサス『GS』のハイブリッド車をベースに改造している。自動車専用道路の走行区間を指示し、自動運転モードに切り替えると専用道内での合流や車線変更、車間距離維持などを車両が適切に判断して操作する。

同乗試乗は東京都江東区などの首都高速道路で行い、周囲の車両などをレーダーやレーザーレーダー、さらにカメラで検出・認識しながら制限速度内での安全走行を披露した。

説明会で製品企画本部の葛巻清吾・安全技術企画主査は「トヨタは自動運転技術で、すべての人が安全、スムーズ、自由に移動できることを目指していく」と表明。20年の実用化に向けては「クルマ側の技術だけではだめで、市民の理解、さらに地図データや通信などインフラの整備も必要になる。国も20年に向けて推進する方針なので力を合わせてやっていきたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、首都高で自動運転デモ走行を実施…合流、車線維持、レーンチェンジなどを披露 画像 トヨタ、首都高で自動運転デモ走行を実施…合流、車線維持、レーンチェンジなどを披露
  • トヨタの自動運転開発、友山専務「グーグルとは明らかにスタンスが違う」 画像 トヨタの自動運転開発、友山専務「グーグルとは明らかにスタンスが違う」
  • ボルボ、自動運転モードの切替を管理するドライバーインターフェースを発表 画像 ボルボ、自動運転モードの切替を管理するドライバーインターフェースを発表
  • 自動運転技術は、ブレーキ制御と車線変更支援...太田国交相 画像 自動運転技術は、ブレーキ制御と車線変更支援...太田国交相

特集