ショーワが栃木県に新テストコース…開発体制をさらに強化

自動車 ビジネス 企業動向

株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド開所式
  • 株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド開所式
  • 敷地面積約 20万平方メートル、コース面積約4万1300平方メートルを誇る株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド。
  • 株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド開所式
  • 株式会社ショーワ取締役社長 杉山 伸幸氏。
  • 栃木県副知事の馬場竹次郎氏
  • 栃木県 塩谷町町長・見形和久氏。
  • 株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター センター長・山口次郎氏。
  • 株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド開所式
二輪/四輪車用ショックアブソーバ、パワーステアリングなどを手がける大手自動車部品メーカー、株式会社ショーワ(本社:埼玉県行田市)は、栃木県・塩谷にテストコース「株式会社ショーワ 栃木開発センター 塩谷プルービンググラウンド」を新設。9月25日、開所式をおこなった。

2013 年より建設を進めてきた新コースは、直線路と旋回路、特殊路およびワインディング路(2017 年第二期工事 にて完成予定)で構成され、敷地面積約 20万平方メートル、コース面積約4万1300平方メートルを誇る。

開所式には、栃木県副知事の馬場竹次郎氏をはじめ、塩谷町町長・見形和久氏、株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター センター長・山口次郎氏も出席し祝辞を述べると、株式会社ショーワ取締役社長 杉山 伸幸氏らとともにテープカットをおこなった。

ショーワでは新テストコースにより開発体制をさらに強化。製品の性能を高めるとともに、将来技術の開発を進めていく。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集