ランボルギーニ ウラカン にスパイダー、爽快なオープンエア走行[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー

ランボルギーニ ウラカンLP 610-4スパイダー
  • ランボルギーニ ウラカンLP 610-4スパイダー
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが9月15日、フランクフルトモーターショー15でワールドプレミアした『ウラカンLP610-4スパイダー』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

ウラカンLP 610-4スパイダーは、『ガヤルド』後継スーパーカー、『ウラカン』のオープン版。ルーフには、軽量構造のソフトトップを採用。電動油圧方式となっており、全自動で開閉できる。

パワートレインは、クーペボディの『ウラカンLP610-4』と共通。ミッドシップに、直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610hp/8250rpm、最大トルク57.1kgmを引き出す。

駆動方式は4WD。ウラカンLP610-4スパイダーは、0-100km/h加速3.4秒、最高速324km/hという、オープンスポーツカーとして世界トップレベルのパフォーマンスを備えている。

ランボルギーニは9月15日、ウラカンLP610-4スパイダーの公式映像を配信。「空を手に入れる」をテーマに、爽快なオープンエア走行が楽しめることをアピールしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集