【フランクフルトモーターショー15】アウディ S8 に頂点、「プラス」…85hpパワーアップの605hp

自動車 ニューモデル モーターショー

アウディ S8 プラス(フランクモーターショー15)
  • アウディ S8 プラス(フランクモーターショー15)
  • アウディ S8 プラス(フランクモーターショー15)
  • アウディ S8 プラス
  • アウディ S8 プラス
  • アウディ S8 プラス
  • アウディ S8 プラス
  • アウディ S8 プラス
  • アウディ S8 プラス
ドイツの高級車メーカー、アウディは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、『S8 プラス』を初公開した。

同車はアウディの最上級サルーン、『A8』シリーズの頂点に位置する『S8』をベースに、さらなる高性能を追求したモデル。最新のS8は、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの「4.0TFSI」エンジンを搭載。最大出力520hp、最大トルク66.3kgmを引き出す。トランスミッションは、8速ティプトロニック。0-100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)性能を備える。

S8 プラスでは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの4.0TFSIをパワーアップ。最大出力は605hp、最大トルクは71.4kgmを獲得する。この数値は、ベース車両のS8に対して、85hp、5.1kgmの強化にあたる。

さらに、オーバーブーストモードでは、最大トルクが76.5kgmに向上。パワーアップの効果で、S8 プラスの動力性能は、0-100km/h加速3.8秒、最高速305km/h(オプションのリミッター解除時)と、大型サルーンとしては異例の速さ。

内外装も、特別仕立て。専用デザインのトランクスポイラー、グロスブラックグリル、ドイツではマトリックスLEDヘッドライトが標準。室内は、赤いステッチ入りのブラックレザー、ピアノブラックパネル、ステンレスペダルなどが装備された。

アウディの技術開発担当、ウルリッヒ・ハッケンベルグ取締役は、「S8プラスはパワーアップし、セグメントにおけるスポーティパフォーマンスの頂点を定義する」と、自信を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集