道南いさりび鉄道、来年3月26日に開業…新幹線開業にあわせ

鉄道 企業動向
江差線の経営を引き継ぐ道南いさりび鉄道のロゴマーク。北海道新幹線の開業日にあわせ来年3月26日に開業することが決まった。
  • 江差線の経営を引き継ぐ道南いさりび鉄道のロゴマーク。北海道新幹線の開業日にあわせ来年3月26日に開業することが決まった。
  • 道南いさりび鉄道は北海道新幹線の部分開業(緑)に合わせ、江差線五稜郭~木古内間(赤)の経営を引き継ぐ。
道南いさりび鉄道は9月16日、北海道新幹線新青森~新函館北斗間の開業にあわせ、2016年3月26日に開業すると発表した。

道南いさりび鉄道は、江差線五稜郭(北海道函館市)~木古内(木古内町)間41.2kmの経営をJR北海道から引き継ぐ第三セクター。2014年8月に設立され、今年6月29日に第一種鉄道事業の許可を受けている。8月1日には本社を函館市内に移転した。

今後は上限運賃の申請などの準備を進める予定。同社の小上一郎社長は開業日の決定を受け、「鉄道資産の引き継ぎ作業や、運行ダイヤや運賃の検討を行いながら、安全で安定した鉄道運営をめざし、社員一同より一層気を引き締めて日々の開業準備に懸命に取り組んで参ります」とコメントしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集