【フランクフルトモーターショー15】メルセデス Cクラス クーペ 新型、初公開…上質な小型クーペ

自動車 ニューモデル モーターショー

新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ(フランクフルトモーターショー15)
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ(フランクフルトモーターショー15)
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ(フランクフルトモーターショー15)
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ(フランクフルトモーターショー15)
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス クーペ
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、新型『Cクラス クーペ』を初公開した。

新型『Cクラス』に関しては2014年1月、デトロイトモーターショー14において、まずは4ドアセダンがデビュー。その後、ステーションワゴンも新型に切り替わった。今回、Cクラスクーペもモデルチェンジを受けたことで、新型Cクラスに3ボディが出そろったことになる。

新型Cクラス クーペは、力強くスポーティで、エモーショナルな小型クーペを目指して開発。新型は先代比で、全長を95mm、ホイールベースを80mm延長。全幅は40mm拡大した。Cクラスセダン比で、全高は15mmダウン。フロントマスクはCクラスファミリーの表情だが、リアは『Sクラスクーペ』を思わせるテールランプが目を引く。

ボディサイズの大型化の効果で、新型は室内空間を先代に対して拡大。各部の素材には吟味された上質なものを使用し、高い質感を演出する。

欧州向けのパワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。ガソリンの最上級グレードが、「C300」。直噴2.0リットル直列4気筒ターボは、最大出力245hpを引き出す。

プレスカンファレンスには、ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車部門の営業担当、オーラ・ケレニウス取締役が登壇。「クーペは常に、非常に特別な役割を果たしてきた。上品でスポーティなキャラクター、運転する楽しさ、独特の個性を持つ」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集