VW シャラン、4年ぶり新型へ…エントリーグレード設定で360万円から

自動車 ニューモデル 新型車

VW シャラン ハイライン
  • VW シャラン ハイライン
  • VW シャラン コンフォートライン
  • VW シャラン ハイライン
  • VW シャラン ハイライン
  • 純正ナビゲーションシステム 714SDCW
  • Android Auto
  • Apple Carplay
  • Mirror Link
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、7人乗りの大型ミニバン『シャラン』を4年ぶりにモデルチェンジして、9月15日から販売を開始した。

今回のモデルチェンジでは、従来の「コンフォートライン」「ハイライン」に加えて、エントリーモデルの「トレンドライン」を新たに設定。360万円という戦略価格で身近な輸入ミニバンとして販売拡大を狙う。その他の価格はコンフォートラインが394万円、最上級グレードのハイラインが463万円。

また新型シャランは、安全性を強化し、プリクラッシュブレーキシステム「フロント アシスト」を標準装備。ミリ波レーダーで前方を監視し、先行車との衝突の危険を警告する。ドライバーが回避操作をしない場合は自動的にブレーキをかけて、万が一の衝突による被害を軽減、回避する。さらに、二次衝突の危険を低減するポストコリジョンブレーキシステムも全車に標準装備した。

この他にもさまざまな安全装備などをオプション設定。ハイラインには、VW初の後席一体型チャイルドシート「インテグレーテッドチャイルドシート」を用意。2列目左右のシートに内蔵されたシートの座面を起こして、専用のヘッドレストを装着するだけでチャイルドシートが簡単に利用できる。

また、1.4リットルTSIエンジンも強化。最大トルクは10Nmアップの250Nm。燃費(JC08モード)は13.5km/リットルから15.0km/リットルに向上し、エコカー減税率は取得税60%、重量税50%の適用となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集