【フランクフルトモーターショー15】VW ゴルフ スポーツバンに「Rライン」…スポーティ仕様

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン ゴルフ スポーツバンRライン
  • フォルクスワーゲン ゴルフ スポーツバンRライン
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月3 日、『ゴルフ スポーツバン』に「Rライン」を設定すると発表した。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。

ゴルフ スポーツバンは2013年秋、フランクフルトモーターショー13で、コンセプトカーを初公開。2014年5月、市販モデルを発表した。

『ゴルフ』ファミリーには、ミニバンの『ゴルフ プラス』がある。ゴルフ スポーツバンは、ゴルフ プラスの後継車。ゴルフ プラスに対して、室内空間を拡大したのが、ゴルフ スポーツバンの特徴。とくに後席は、前後に180mmのスライドが可能。荷室容量は、最大で1500リットル以上(VDA計測法)と充分な容量を備える。

フランクフルトモーターショー15で初公開されるのが、ゴルフ スポーツバンのRライン。Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを実施したモデル。最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『ティグアン』や『パサート』、『ゴルフヴァリアント』に、Rラインが用意される。

ゴルフ スポーツバンのRラインでは、「エクステリアパッケージ」として、専用フロントバンパー&グリル、ディフューザー付きリアバンパーを採用。クロームエグゾーストやダークテールライトも装備された。

また、「インテリアパッケージ」では、専用スポーツシート、ステンレス製ペダル、スポーツステアリングホイールなどが、採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集