【ジャガー XE 試乗】セダンながら機敏な反応、先進装備も充実で安心…津々見友彦

試乗記 輸入車

ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • ジャガー XE ポートフォリオ
ほぼ『クラウン』サイズのコンパクトジャガーが『XE』だ。ジャガーフェイスにクーペをイメージさせる華麗なルーフの流れは品格と一味違うスポーティセダンの雰囲気。アルミを多用した軽量ボディだ。

試乗したのは2リットルターボ仕様。低速からのトルクがあり、動力性能に不満はない。もっとも2000rpm以下のフルスロットルでは、ターボの関係で大人しいが、スポーティに走るには2000rpm以上キープすると鋭い走りが可能だ。0-400の発進加速は15秒台半ば! と言うスポーツカーに負けない鋭い加速性能。

初の電動パワステのフィールはナチュラル。モード切り替えでダイナミックにすると重めになり安心感が高い。直進状態では大人しく、切り込むと予想以上にクイックに応答する。もう少し大人しくても…と思うほど、セダンながら機敏なスポーティさだ。

リヤシートはクーペ風にルーフが低いだけにシートは低く座り込むが、ニースペースは30cm、ルーフのゆとりは15cm程度あり、シートの居心地は良い。ただ、ホイールハウスが張り出しているので、アームレストはやや肘が掛けにくい。

インテリアはジャガーらしい。丸型のアナログメーターのセンターにはディスプレイがあり、水温、燃料計、クルーズコントロールなど表示され、デザインもハイセンスで先進的。ミッションのセレクターは丸いダイアルで、エンジンスタートで飛び出し、慣れるととても使いやすい。乗り心地も快適で静粛性も高く、リラックス出来る。

この他レーンキープや、レーダークルーズコントロール、滑りやすい路面で安心なASPC。リバースモニター、自動緊急ブレーキシステムなど先進技術が盛り込まれ、お洒落で安心感の高いミッドサイズセダンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見 友彦│モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場し、その後日産、トヨタ、いすゞのワークスドライバーとして活躍。現在は自動車雑誌、ラジオ、Car Worldなどに試乗記を書く。サーキット走りとパソコン大好き。今は自転車に凝る。
《津々見友彦》

編集部おすすめのニュース

特集